0123-33-2032

実例紹介

  1. Home
  2. 実例紹介
  3. 恵庭市・Kさん宅

木の質感を活かした山小屋風
薪ストーブで紡ぐ家族だんらん

恵庭市・Kさん宅 家族構成/夫婦、子ども2人

ご主人の転職で恵庭で暮らすことになったKさん一家。奥さんの祖父の家を取り壊し、家を建てることとなりました。背後に国有林がある緑豊かなこの土地に建てるなら、ぜひ木の家にと願い、見て回った中で目に留まったのが、木のぬくもりあふれる薪ストーブの家づくりで定評のある北清建設でした。

「二人とも道外の出身なので、薪ストーブに憧れがあったんです。でも手間がかかることや暖房面で不安もあり、最初は設置を考えていませんでした。しかし北清建設で建てた家を見学し、オーナーの皆さんが口を揃えて『あったかくていいよ』と話すのを聞いて、導入を決意しました」とご主人。

丸太柱が印象的な玄関を入ると、迎えてくれるのは薪ストーブ。そして、立派な道南スギの大黒柱やカバの無垢フローリング、板張りの天井、珪藻土の壁など、自然素材を使った山小屋風の室内空間が広がります。造作した食器棚や建具の扉には、かつてこの地に建っていた祖父の家のすりガラスを再利用。屋根の太陽光パネルも前の家のものを活用しました。高断熱・高気密な住宅を、薪ストーブと太陽光パネルの自然の力でサポートし、ゼロエネルギー住宅に近い性能を誇ります。

「ひと冬を越してみて、暖房は薪ストーブのみですが、まったく寒さは感じませんでした。断熱など家自体の性能がいいこともあって、朝起きてもほんのり暖かさが残っているんです」。焼き芋やピザ、土鍋おでんなど料理にも使えるので重宝しているそう。懸念だった薪割りも、6歳になる長男が古材の釘抜きなどでお父さんをお手伝い。薪ストーブを中心に家族の楽しみが増え、暖かく快適な暮らしを満喫しているようです。

住宅雑誌Replan北海道vol.118 掲載

一覧へ戻る